スチームクリームは 一年を7つの季節ととらえ、 シンプルなスキンケアを提案します。

スチームクリームは
一年を7つの季節ととらえ、
シンプルなスキンケアを提案します。

肌は生きています。365日生まれ変わりを繰り返し、移りゆく季節の中で厳しい寒さや乾燥、暑さや湿気と闘っています。そんな外的刺激や変化に適応しながら、肌を健康で美しい状態に保つために重要な役割を担うのがバリア機能。スチームクリームは、肌に本来備わったバリア機能が乱れがちな肌の変化のタイミングに焦点をあて、季節ごとの肌、こころに合わせて必要なアプローチをするシンプルなスキンケアを提案します。

バリア機能に大きな影響を与える自然環境、気温、湿度、紫外線の強さとその量は季節によって変化します。スチームクリームは、肌の変化のタイミングを軸として、一年を四季ではなく7つの季節に分類しました。


それぞれの季節で外的環境が肌に与える影響、その特徴を知ることは、自分の肌を知ることと同様にとても大切です。それぞれの季節で肌がどう反応し、どのような対策が必要なのかを見ていきましょう。

三寒四温。寒暖差が激しく肌が揺らぎ、 花粉などの外的刺激で肌トラブルを誘発しやすい季節

真冬の乾燥にさらされ保湿力が不安定になり、環境の変化から保護する力が弱まることでゆらぎ肌になりやすい時期。気候や環境の変化に順応する適切なうるおいバランスを作りましょう。肌のSOSに耳を傾けながら、外的刺激による肌ダメージを軽減するケアを。

皮脂バランスの変化や紫外線の影響をうけて、 夏特有の肌トラブルが起こりやすい季節

日差しが強まり、気温が上昇することで皮脂分泌が活発になり、テカリや毛穴づまりが起こりやすい時期。エアコンによる水分蒸散も起こりやすく、何かと試練が多いのが特徴。皮脂バランスを整えながら、角層内部にうるおいを届ける保水ケアを。

紫外線により肌のリズムが乱れ、 保水力が低下することで外的刺激を受けやすい季節

晩夏に発生する肌トラブルの要因は主に紫外線。夏の強い紫外線にさらされた肌はターンオーバーのリズムを崩し、うるおい不足になることでインナードライに傾きやすい時期。乱れた角層内部の水分を整えながら、自らうるおいを抱える肌力を育むケアを。

気温が日々変化。 ポイントで乾燥が目立つようになり、 保湿力が不安定になりやすい季節

夏の肌疲れが徐々に表れる「秋」。肌表面はうるおっていても、ダメージを受けた角層内部の保水力が追いつかずインナードライが進行していく時期。肌の外側と内側のうるおいバランスが不安定にならないように水分を抱える力を高めるケアを。

角質が硬くなることでツヤが失われ、 肌のトーンが下がりくすんだ肌色になりやすい季節

朝晩の寒暖差が大きくなり、冬に向かって肌を取り巻く環境が少しずつ変化。大気中の空気が乾燥し始め、角質硬化を誘発し、くすんだ肌の印象を与える時期。肌表面をうるおいのヴェールで包み込み、やわらかくしなやかな肌作りのケアを。

気温、湿度がぐんぐん下降。 肌から水分が奪われやすくなり、 キメの乱れや肌荒れを誘発する季節

湿度低下が加速し、日中のうるおい不足やキメの乱れによるメイク崩れが気になりだす時期。健やかなキメを作り出しスキンケア効果を高めていきましょう。肌表面にうるおいのバリアを作り、内面から輝くしっとりやわらかな肌へと導くケアを。

角層内部のうるおいが不足しがちに。 血行不良によりごわついた肌になりやすい季節

ピリリとひりつくような冷たい空気に触れて血流が滞り、保湿力低下を誘発。肌の外側と内側の両方で水分不足が起こりやすく、肌表面のなめらかさが失われがちな時期。良質なエモリエント効果で肌表面にうるおいヴェールをもたらす高保湿ケアを。


7つの季節の肌のニーズに合わせて選んでいただくスチームクリーム シーズナルズは、移りゆく季節で変化する肌と気持ちに働きかけるよう、それぞれの季節にあわせて最適な成分と精油を厳選・配合して季節ごとにお届けします。スチームクリームにプラスして、肌の状態に合わせてスチームクリーム シーズナルズを取り入れていただくことで、肌本来のバリア機能をしっかりサポートし、365日すこやかな肌に導きます。


肌は生きています。365日生まれ変わりを繰り返し、移りゆく季節の中で厳しい寒さや乾燥、暑さや湿気と闘っています。そんな外的刺激や変化に適応しながら、肌を健康で美しい状態に保つために重要な役割を担うのがバリア機能。スチームクリームは、肌に本来備わったバリア機能が乱れがちな肌の変化のタイミングに焦点をあて、季節ごとの肌、こころに合わせて必要なアプローチをするシンプルなスキンケアを提案します。

バリア機能に大きな影響を与える自然環境、気温、湿度、紫外線の強さとその量は季節によって変化します。スチームクリームは、肌の変化のタイミングを軸として、一年を四季ではなく7つの季節に分類しました。


それぞれの季節で外的環境が肌に与える影響、その特徴を知ることは、自分の肌を知ることと同様にとても大切です。それぞれの季節で肌がどう反応し、どのような対策が必要なのかを見ていきましょう。

三寒四温。寒暖差が激しく肌が揺らぎ、 花粉などの外的刺激で肌トラブルを誘発しやすい季節

真冬の乾燥にさらされ保湿力が不安定になり、環境の変化から保護する力が弱まることでゆらぎ肌になりやすい時期。気候や環境の変化に順応する適切なうるおいバランスを作りましょう。肌のSOSに耳を傾けながら、外的刺激による肌ダメージを軽減するケアを。

皮脂バランスの変化や紫外線の影響をうけて、 夏特有の肌トラブルが起こりやすい季節

日差しが強まり、気温が上昇することで皮脂分泌が活発になり、テカリや毛穴づまりが起こりやすい時期。エアコンによる水分蒸散も起こりやすく、何かと試練が多いのが特徴。皮脂バランスを整えながら、角層内部にうるおいを届ける保水ケアを。

紫外線により肌のリズムが乱れ、 保水力が低下することで外的刺激を受けやすい季節

晩夏に発生する肌トラブルの要因は主に紫外線。夏の強い紫外線にさらされた肌はターンオーバーのリズムを崩し、うるおい不足になることでインナードライに傾きやすい時期。乱れた角層内部の水分を整えながら、自らうるおいを抱える肌力を育むケアを。

気温が日々変化。 ポイントで乾燥が目立つようになり、 保湿力が不安定になりやすい季節

夏の肌疲れが徐々に表れる「秋」。肌表面はうるおっていても、ダメージを受けた角層内部の保水力が追いつかずインナードライが進行していく時期。肌の外側と内側のうるおいバランスが不安定にならないように水分を抱える力を高めるケアを。

角質が硬くなることでツヤが失われ、 肌のトーンが下がりくすんだ肌色になりやすい季節

朝晩の寒暖差が大きくなり、冬に向かって肌を取り巻く環境が少しずつ変化。大気中の空気が乾燥し始め、角質硬化を誘発し、くすんだ肌の印象を与える時期。肌表面をうるおいのヴェールで包み込み、やわらかくしなやかな肌作りのケアを。

気温、湿度がぐんぐん下降。 肌から水分が奪われやすくなり、 キメの乱れや肌荒れを誘発する季節

湿度低下が加速し、日中のうるおい不足やキメの乱れによるメイク崩れが気になりだす時期。健やかなキメを作り出しスキンケア効果を高めていきましょう。肌表面にうるおいのバリアを作り、内面から輝くしっとりやわらかな肌へと導くケアを。

角層内部のうるおいが不足しがちに。 血行不良によりごわついた肌になりやすい季節

ピリリとひりつくような冷たい空気に触れて血流が滞り、保湿力低下を誘発。肌の外側と内側の両方で水分不足が起こりやすく、肌表面のなめらかさが失われがちな時期。良質なエモリエント効果で肌表面にうるおいヴェールをもたらす高保湿ケアを。


7つの季節の肌のニーズに合わせて選んでいただくスチームクリーム シーズナルズは、移りゆく季節で変化する肌と気持ちに働きかけるよう、それぞれの季節にあわせて最適な成分と精油を厳選・配合して季節ごとにお届けします。スチームクリームにプラスして、肌の状態に合わせてスチームクリーム シーズナルズを取り入れていただくことで、肌本来のバリア機能をしっかりサポートし、365日すこやかな肌に導きます。