乾燥した季節に向けて 肌のバリア機能を健やかに保つスキンケアを

肌トラブルが気になる季節には

乾燥した冬がやってきました。

普段ご自身が敏感肌や乾燥肌だと感じている方はもとより、そうでない方からも肌がかさついたり、かゆみが出る、化粧ののりが悪いと感じたりと、様々な悩みが聞かれる季節です。肌のトラブルが起きやすいこの時期、もう毎年のことだからとあきらめてしまった方もいるのではないでしょうか。

けれど、ちょっとしたスキンケアで、その悩みが改善する可能性もあるのです。

そうした肌トラブルは、主に肌の持つバリア機能の低下からもたらされると考えられます。

肌のバリア機能というのは、元来わたしたちの身体にそなわっているものです。それが低下してしまうと、弱った肌が外部から受ける刺激に敏感に反応してしまうのです。

ちょっとのことで痒みが出るのでつい掻いてしまって、余計に肌の状態が悪くなってしまうことが多く、痒いから掻く、それによって肌の状態が悪化してまた痒くなる…

そんな悪循環に陥ってしまう前に、肌のバリア機能を回復し、本来の力を発揮できるように導くスキンケアを試してみませんか?

カサカサや敏感肌 その原因はバリア機能の低下?

外気にさらされ続ける肌が受ける数々の刺激は、とても過酷なものです。

服を着れば衣服が擦れて刺激になり、肌をさらせば紫外線やほこり、細菌などの攻撃を受け、汗をかけばそれが刺激になってしまいます。こうしたものから肌を守るのが、皮膚の最も外側、表皮の角層が持つバリア機能です。

私たちの身体に元来備わっているはずの、外からの攻撃から守ってくれているバリア機能が低下したことによって、本来なら潤っているはずの肌が乾燥したり、刺激に過剰に反応してしまうのです。

バリア機能とは

バリア機能というワード、よく耳にすると思いますが、これは誰もが持つ肌の優れた働きを指しています。

正常な肌なら、皮膚の表面の角層に皮脂や天然の保湿因子、セラミドや脂肪酸などの角質細胞間皮脂が並んでいて、潤いを保ち、外界の刺激から肌を守っています。しかし様々な要因で角層が綺麗に並んでいる状態が崩れて隙間ができてしまうと、皮膚の表面から水分が蒸発しやすくなり、角層の水分量も減少した状態になってしまいます。

そうなってしまうと、今まできちんと並び、スクラムを組むことで跳ね返してきた汗やほこり、細菌やアレルゲンなどが、入り込みやすくなってしまうのです。

敏感肌とはどんなもの?

よく耳にし、口にすることも多い敏感肌ですが、実は明確な敏感肌の定義というものはありません。

ほんの少し触れただけなのに痒みや赤みが出る、スキンケアをしていてヒリヒリしたり突っ張ったように感じる、特に傷があるわけでもないのに化粧品がしみるなど、わずかな刺激に反応してしまうのが敏感肌です。

これはバリア機能が低下し、外部からの刺激を肌が直接受けてしまうからだと考えられます。また、皮膚は全身を覆っているので、敏感肌になるのは顔だけではありません。

乾燥した季節に、すねが粉を吹いたようになってしまうのも、敏感肌が一因です。

バリア機能が低下した肌のトラブルあれこれ

肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下して、刺激によって痒みを感じる神経が活性化されます。

それによってさらに外部からの刺激を感じやすくなって痒みを生じ、我慢しきれずに掻いてしまい、弱った角層を傷つけてしまうことに。こうなると痒みの原因物質の放出が誘発されて、ほんの少しの刺激にも敏感になり、悪循環におちいって、肌のダメージは深くなるばかりです。

肌が突っ張った感じがしたり、洗顔料や化粧水がしみたりした時によく敏感肌だといいますが、こうした状態なら水でさえしみるのも当然だと感じてしまいます。

なぜ大切なバリア機能が低下してしまうのでしょう

ターンオーバーの乱れ

私達の皮膚は、常に生まれ変わっています。

表皮の下で新しい細胞が生成され、古くなった細胞を肌の外側へ角質や垢として排出させるのが、ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝の機能です。

私達の皮膚は「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」からなる「表皮」と、その下の「真皮」「皮下組織」で構成されています。基底層で生まれた細胞は形を変えながら有棘層、顆粒層と、表皮に押し上げられていき、最後に角質層にたどり着いて、垢として自然に剥がれ落ちるというサイクルを繰り返しているのです。

これをターンオーバーと呼んでいて、周期はおよそ28日から56日と、かなり幅が大きくなっています。個人差はもちろんあるものの、おおむね周期が短いのは若い年代です。年代が上がるごとに周期は長くなっていくのですが、これは加齢とともに新陳代謝が落ちてくることが要因です。

バリア機能が低下するしくみ

皮膚の最も外側の皮脂膜の下にある角層は、角質が8から10もの層になって構成されており、わずか0.02mmほどの厚さしかありません。それでも層となって重なることで、外界からの刺激を防ぐ働きを十分にしているのですが、バリア機能が低下してしまうと、外部要因をきちんと防ぐことができなくなってしまうのです。

大切なバリア機能が低下し出すきっかけや原因は、次のような様々なものが考えられます。
・紫外線によるダメージ
・アレルゲン
・汗やほこり
・摩擦
・肌の乾燥
・熱いお湯での入浴や洗顔
・化粧品など
・適切でないスキンケア
・加齢によるターンオーバーの乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・食生活の偏り
・運動不足
もちろんこれ以外にもありますし、これらの要因がいくつか重なって引き起こされることもあるでしょう。

一旦乱れてしまったバリア機能を回復させるには、再び正しいターンオーバーができるように整えることと、乾燥や外的刺激からのダメージを受けやすくなった肌を守ること、両方を考えなければなりません。

バリア機能が低下した肌のトラブル解消方法は

アレルギーや皮膚疾患があるのなら治療をしなければならないでしょうが、そうでないのなら、ひとつひとつ肌トラブルの原因を探さなけれなりません。

生活習慣は乱れていませんか?

まず、生活習慣の乱れに心当たりがある方は、それを見直すことが必要です。ストレスや睡眠不足の解消は中々難しいところがあるかもしれませんが、肌だけでなく身体全体に関わることですから、心がけることは大切です。

紫外線にさらされていませんか?

特に若いうちは、つい強い日差しの中でも日焼け止めを塗らなかったり、日傘を持たずに外出して肌を紫外線にさらしてしまいがちです。

しかし、肌へのダメージは蓄積するものでもありますから、普段から気をつけなければなりません。

お湯や水の温度は大丈夫?

ちょっと熱めのお湯や冷たい水が気持ちよく感じて、それで洗顔している方がいるのではないでしょうか。

洗顔にお湯を使いすぎると、肌に必要な皮脂まで落としてしまって、バリア機能の低下につながります。冷たすぎる水もまた、同様の刺激になりますから、注意が必要です。

これはもちろん顔だけでなく、全身の肌にもいえることです。

ついこすったりしていませんか?

入浴の際に気持ちが良いと感じたり、汚れを落としたいと思って、必要以上に身体をこすりながら洗っていませんか?

それではバリア機能まで一緒に洗い流していることになりますので、入浴時の洗い方を見直すことをおすすめします。

また、クレンジングの際、急ぐあまり必要以上に力を入れてこすってしまってはいませんか?

そういった刺激は、肌から最低限必要な皮脂を奪ってバリア機能を低下させ、ターンオーバーの乱れを生む原因にも。

基礎化粧品などは肌にあっていますか?

少し違和感がある、合わないかも?と思った化粧品を使い続けているのなら、それをやめてみましょう。

いずれは馴染んでくるのではないかと、つい使い続けてしまうかもしれませんが、それが肌へのさらなる刺激になっているのかもしれません。

規則正しい生活習慣や身体のことを思った食事、ストレスを感じないような暮らしがすぐにできれば理想的です。紫外線や汗、数々のアレルゲンなどの外的刺激を完全にブロックするのも簡単なことではありませんが、今は難しくてもそれを心がける生活を送るよう、努めてみてはいかがでしょう。

また、もし外的要因に思い当たるものがあれば、なるべくそれを遠ざけるように気をつけましょう。

そのうえの適切なスキンケアで肌への負担を軽減することが、バリア機能の回復にも繋がるのです。

バリア機能が低下した肌に欠かせないスキンケアのポイント

バリア機能が低下している時に肌の保湿を怠ると、肌トラブルの原因になることが考えられます。

紫外線やアレルゲンなどの外的刺激をさらに受けやすくなり、痒みなどが起こって掻いてしまったり、掻くのを我慢することでストレスにもなるからです。

基礎化粧品やスキンケアは適切ですか?

スキンケアを全く考えていないという方は稀でしょうが、これで大丈夫と思っていた基礎化粧品などが、実は合っていなかったという可能性もゼロではありません。

洗顔料などは元々皮脂がよく取れるように配合されているものですから、バリア機能が落ちた肌に使うと、皮脂を落としすぎてさらに皮膚にダメージを与えてしまうかもしれません。強くこすったりせず、短時間でやさしく洗顔を済ませるようにしましょう。

お湯や水の温度に気をつけていますか?

また、バリア機能が低下する要因としてお伝えした熱いお湯も、肌への刺激になってしまいます。同様に冷たすぎる水も刺激になりますから、バリア機能が低下した肌なら、なおさら避けるべきです。

特に痒みや突っ張ったような感じがある場合は、ぬるま湯でやさしく洗い、やさしく拭きましょう。

過剰なスキンケアより、肌をうるおし、まもること

原料や香料にこだわり抜いた高級化粧品をたっぷり肌にのせれば潤うはずだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ことはそう簡単ではありません。

バリア機能の落ちた肌に化粧水を大量につけたとしても、吸い込まれることはなく、蒸発してしまいます。

肌をしっかりと保湿するためには、皮膚の表面にうるおいのバリアを作り、まず衰えたバリア機能の補助をするようなスキンケアが必要になります。

角質のコンディションが整えば、肌のバリア機能がきちんと働く状態になることでしょう。

スチームクリーム オリジナルは、肌が本来持つちからを引き出すためのシンプルで高品質な保湿クリーム。

こうしてコンディションを整えたとしても、すぐに角質の状態が回復するわけではありません。

肌のターンオーバーの周期も関わってくることですから、継続することが大切になります。

こうしたスキンケアを継続することによって、徐々に角質が整い、ターンオーバーの周期が戻ってくれば、本来身体が持っているバリア機能がかえってくるはずです。

肌のバリア機能が低下している時に必要なのは、過剰なスキンケアではなく、第一に肌をうるおし、まもること。

そして、肌のバリア機能を健やかに保つスキンケアを継続していくことが大切なのです。

ライタープロフィール

M・ARAI

ライティング、ビンテージパーツを使ったアクセサリー制作など。
できれば一日中家で音楽を流しつつ、本を読んでいたい引きこもり系。
いわゆる洋楽、廃墟や東京タワーのようなものが好き。
スキンケアはシンプルに、が信条。

おすすめのシンプルスキンケアアイテム