フェリシテーション発売記念「牧かほりスペシャルインタビュー」

スチームクリームのパッケージである、7センチのアルミ缶。この小さなアルミ缶がデザインを施されることでさまざまな表情を手に入れてわたしたちにメッセージを伝えてくれます。

8月8日(水)より発売となったFELICITATION(フェリシテーション)のデザインを制作し、これまでも生命力あふれる花のデザインで私たちを魅了してきた牧かほりさんに話を聞きました。

PROFILE
植物や人間のエネルギーをモチーフに、一枚の絵から、プロダクトや映像、スペースデザインに展開。自身の創作活動とともに、国内外のアーティスト、企業とのコラボレーションなどを多く手がけ、近年アップル社、Adobe Systems Inc. 等とともに、デジタル作品にも力を入れている。第12回、文化庁メディア芸術祭アート部門審査員推薦作品受賞。


FELICITATION(フェリシテーション)

STEAMCREAMとの出会い

スチームクリームの制作をはじめたきっかけは、スチームクリームのブランドディレクターからお声がけいただいたのがきっかけです。花をメインに描いた展覧会に来ていただいた2012年が最初だったように思います。

以前から店頭でキャンディのように売られているのが気になっていました。

どこの店舗で最初に出会ったかは定かでありませんが、時々出現する華やかなワゴンは印象に残っています。

第一印象は、“きれいなお菓子”

スチームクリームは、きれいなお菓子のようでドキドキしました。

種類があればあるほど、欲しくなるし、どれにしようか迷う楽しさがあります。

また、中身が全部同じだという安心感がありました。これで中身が10種類くらいあったら、楽しい迷いではなく、本気の迷走になります(笑) 香りも甘すぎず、すぐに気に入りました。

 

良いクオリティを出せている数少ない仕事

初めて自分のデザインした缶をみたときは、イメージしていたより素敵に感じました。様々な印刷の手法がある中、センスのある選択をしていただいたと思います。

これまでのデザイン、すべてどれも同じようなムードというか、モードで制作させていただけているので、ほぼ全てに良いクオリティを出せている数少ない仕事かもしれません。

 

みずみずしい美しさのある作品を

作品を描くのは三軒茶屋のアトリエです。構想はあらゆるところで♪ 私は深夜に仕事をすることが滅多になく、ひらめきは朝に降りてきます。

1つの作品を完成させるのに、1日~1ヶ月くらいかかります。

デザインアイデアの源やインスピレーションは、「生きているものの形」や、「心に響く曲」から。作品をつくる上で、みずみずしい美しさのあることを大切にしています。

“この世に咲かない空想の花”

お花は特にこれというのはないんです。スチームクリームの魅力は、天然素材で作られ、全身に使用できるクリームであること。そんなスチームクリームで、これからも花のシリーズはずっとつづけたいです。

「この世に咲かない空想の花」をたくさん描きたいですね。

制作時の必需品

風通しの良い場所

都会、自然、時間、季節を問わず、できるだけ遠くまで見渡せる場所があることが理想です。

考えるより手の動く方を優先させます。左脳より、右脳。思考より身体の方を信用しています。

健やかな脳とこころ

スタートラインで必ず深呼吸。ニュートラルな気持ちではじめたいです。どっちの方角に進んで行くかはプロジェクト次第♪

写真引用:牧かほり公式サイト http://www.k-maki.com/

 

FELICITATION(フェリシテーション)

デザインストーリー
人生で特別な日。そんな日は心の底から晴れやかな気持ちで喜びを分かち、祝いあおう。「おめでとう!」の言葉が世界を彩る、最高に輝く一日を願って…。

※2016年のインタビュー記事を再編集して掲載したものです