結婚式を欠席するときのマナー、プレゼントを贈るタイミングは?

社会人ともなると、知人、親友、親戚など、結婚式に招待されることが多くなるもの。けれども、どうしてもその日は出席できない…という場合、結婚式の欠席マナーを知らないと後々のわだかまりになることは案外多いものなんです。

せっかくの晴れの日に関係が壊れてしまうなんてことにならないように、今回は結婚式の欠席マナーや、プレゼントを贈るタイミングなどについてご紹介していきます。

最初に謝罪、欠席の旨を電話で

親しい人から結婚式に招待されると嬉しいですよね。招待されてとても嬉しいのだけれど、どうしても仕事の都合がつかない、どうしても外せない用事が入っていて行けない…というときなど理由がある場合、欠席するしかないでしょう。そんなときは、まず初めに電話で、招待してくれた相手に「結婚おめでとうございます」のお祝いの言葉を伝え、欠席する旨のお詫びを伝えましょう。

身内の不幸や病気などの場合、「やむを得ない事情があり…」と伝えることで、相手も察してくれると思います。

結婚式の招待状には返信するのがマナー

電話で欠席を伝えていても招待状が届いているときは、きちんと返信します。「電話をしたし、良いだろう」という勝手な判断はNG。メールで済ますだけというのはもってのほかです。招待状での欠席の返信は礼儀です。そして、あまり早い段階で「欠席」ということを新郎新婦が知るとショックかもしれませんので、少しの間を置いて送って下さい。

その際に、お祝いとお詫びの言葉を書いておくと相手に気持ちが伝わると思いますよ。

欠席してもお祝いの贈り物はする

欠席とお詫びを伝えたあとは何もしなくていいかというと違います。出席できなくてもなんらかの形でお祝いをするのが常識です。その際の贈り物のお値段は、大体1万円相当のものをプレゼントしましょう。

2人の結婚生活に役立つような便利グッズや、お洒落なインテリアなどは喜ばれそうですね。プレゼントやご祝儀は、結婚式が行われた後では失礼にあたりますので、結婚式が行われる日より前に贈るようにすると完璧です。

ご祝儀を贈る場合の相場は?

一般的に、友人の結婚式を欠席するときの相場は1万円と言われています。それから、当日に祝電を贈るようにしましょう。その方との親しい度合いによって金額を増やしても何ら問題は無いです。人によっては品物を贈られても困る…ということもあるかもしれませんので、そういったことが心配であれば初めからご祝儀のみにすると良いかもしれませんね。

欠席のタイミングによって金額が変わることも…

招待状では「出席」にしたのに所用などで急きょ欠席する場合は、 出席時に渡す予定にしていた金額をそのまま贈った方が無難です。3万円包もうかなと思っていた場合、金額を減らさずに3万円をご祝儀として渡す方が良いでしょう。場合によってはキャンセル料なども発生するかもしれませんので、角が立たないように当初考えていた金額を包みます。

招待状に「欠席」で返信している場合、相場の1万円で問題は無さそうです。

欠席を伝える際の文章

結婚式の日に外せない私用がある場合や金銭的な問題などの場合、そういったことを欠席理由にストレートに書いてしまうと受け取った相手は良い気持ちになりませんよね。ただ、出産や入学など、おめでたい出来事のときは相手にストレートに伝えて大丈夫ですよ。

そして、招待状へ文章を書く際には句読点を使わないのがマナー。『終止符を打たない』という意味があります。

おめでたい出来事の時はそのまま伝えても何ら問題はないのですが、身内の不幸などの場合は「所用があるため…」「よんどころ無い事情により…」「やむを得ない事情により…」などが無難です。金銭的な問題は、「どうしても都合がつかず欠席させて頂きます」と伝えると当たり障りなく済みます。

どんな文章にせよ、最後に「お二人の末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます」など、2人の幸せを願う言葉を添えましょう。

いかがでしたか?

後になってモヤモヤしたわだかまりが残らないように、招待された結婚式に欠席する場合は特にきちんとした対応をするように心がけてくださいね。

関連記事