デザイン缶でネイルアートを楽しもう!テディベア編

表参道の人気ネイルサロン「brace Nail」がレクチャーする、デザイン缶をモチーフにしたネイルアートの作り方。今回フィーチャーするのは「NOUNOUS」のテディベアデザイン。

細かいパーツをキレイに描くために、ポリッシュではなくアクリル絵具を使うのがポイント。デザインのメインとなる顔とボディを先にペイントし、耳や腕を加えていくとグッドバランス。

デザイン缶をぐるっと囲む、ゴールド・赤・シルバーの縁取りに合わせて、薬指以外の爪先に同じカラーを使ったフレンチラインをプラス。幼くなりがちなテディベアのデザインに、大人のニュアンスを添えて!

では早速作り方をご紹介します♪

170126_02.jpg
ネイリスト外崎桃子さん
全員がネイリスト技能検定1級取得という、経験豊富なスタッフが揃う
ネイルサロン。施術前にお客様のライフスタイルや爪の状態、体調やオ
ーダーをしっかりカウセリング。その人の一番のキレイを引き出す確か
な技術で、リピーターも続出!

170126_03.jpg
brace Nail
住所:東京都港区南青山5-9-21-3F
電話:03-3499-5700
HP:http://www.bracenail.com
営業時間:10:00~20:00(平日)10:00~18:00(土日祝)
定休日:月曜日

モチーフにするのはこのデザイン缶!

170223_02.jpg
548 NOUNOUS
「NOUNOUS=ヌヌース」は、フランス語でクマのぬいぐるみを意味する言葉。幼い頃大切にしていたような、テディベアを缶の中央にデザイン。どこか懐かしく愛らしく表情に、思わず心もほっこり♪




ネイルアートの作り方

ポイント

170223_03.jpg
ベースのみポリッシュを使い、テディベアは全てアクリル絵具でペイント。テクスチャーが柔らかいので、アートビギナーさんでも描きやすいのが特徴。薬指以外はベースに白のポリッシュを二度塗りし、3色のラメを使って先端にフレンチラインを描いて。中指に青のストーンを一粒のせ、デザイン缶とさりげなくおそろいに♪



170223_04.jpg
①白のポリッシュをベースに二度塗りする。カラーが乾いたら、ブラウンのアクリル絵の具で、爪の中央に丸を描く。



170223_05.jpg
②同じカラーでアウトラインの中を塗りつぶし、テディベアの顔のベースを作る。



170223_06.jpg
③描いた円の両端から、爪の根元に向かって2本ラインを描き、中を塗りつぶす。



170223_07.jpg
④腕をバランス良く描き、ボディのベースを作る。



170223_08.jpg
⑤描いた円の上部に小さい丸を2つプラスし、テディベアの耳を作る。



170223_09.jpg
⑥細筆に黒のアクリル絵の具を取り、ボディや顔にラインを細く描く。逆三角形を描いて、鼻をプラスして。



170223_10.jpg
⑦爪楊枝の先端に黒のアクリル絵の具をつけて目を描く。筆先で描くよりも、キレイなドット模様が描ける。カラーが完全に乾いたら、トップコートを重ねて完成!



ポイントを動画でみる



いかがでしたか?スチーム缶とおそろいのネイルアート。お気に入りのデザインを見つけて、ぜひトライしてみてください!




ban_20170202.jpg



撮影/高橋妙子

著者プロフィール

著者アイコン
末永陽子
CM制作会社のデスク、出版社勤務を経て現在はフリーに。ビューティやファッション、インタビューなど、様々なジャンルで活動中。

関連記事