デザイン缶でネイルアートを楽しもう!ユニオンジャック編

セルフネイルに注目が集まる今、デザインにだってこだわりたいもの。手間と時間をかけた爪先は、オシャレのセンスを高めるスパイスに!

表参道の人気ネイルサロン「brace Nail」がレクチャーする、デザイン缶をモチーフにしたネイルアートの作り方。今回フィーチャーするのは「FREEDOM&DISCIPLINE」のユニオンジャックデザイン。

ユニオンジャックといえば、直線のコントラストが印象的なデザインですよね。そこでキレイな直線を引くコツも聞いてきました!

では早速作り方をご紹介します♪

170126_02.jpg
ネイリスト外崎桃子さん
全員がネイリスト技能検定1級取得という、経験豊富なスタッフが揃う
ネイルサロン。施術前にお客様のライフスタイルや爪の状態、体調やオ
ーダーをしっかりカウセリング。その人の一番のキレイを引き出す確か
な技術で、リピーターも続出!

170126_03.jpg
brace Nail
住所:東京都港区南青山5-9-21-3F
電話:03-3499-5700
HP:http://www.bracenail.com
営業時間:10:00~20:00(平日)10:00~18:00(土日祝)
定休日:月曜日

モチーフにするのはこのデザイン缶!

170209_10.jpg
001 FREEDOM&DISCIPLINE
赤・青・白のコントラストが効いた、「英国旗=ユニオンジャック」をモチーフにしたネイルアート。他の指はベージュでシンプルにまとめることで人差し指の存在感が際立ち、メリハリのあるデザインに昇華。カジュアル度強めのユニオンジャックも、ベージュとの組み合わせで大人コーデにもマッチします!



ネイルアートの作り方

ポイント

170209_09.jpg
ユニオンジャックの要は“ライン”。ヨレたりブレたりしないよう、スピーディに描くのが鉄則です。ひじや指を固定しながら塗ると、ラインのガタつきが防げるのでおすすめ。ポリッシュは乾くのに時間がかかるので、アクリル絵の具を使い、仕上げにトップコートでコーティングしても◎。



170209_02.jpg
①根元から爪先に向かって、青のポリッシュを二度塗りします。



170209_04.jpg
②爪のセンターに、白のポリッシュで太いラインを描きます。細筆タイプのポリッシュを使うと、ラインがキレイに!潔く一気にラインを描き、ブレを防いで。



170209_05.jpg
③爪の横にも白のポリッシュでラインを。②で描いたラインと太さをそろえるのがポイント。



170209_06.jpg
④爪の中央から斜め上に&斜め下に向かってラインを4本描きます。ユニオンジャックのベースを完成させて。



170209_07.jpg
⑤細筆に赤のポリッシュを取り、②~④で描いたラインの内側に赤のラインをレイヤード。



170209_08.jpg
⑥カラーが乾いたら、トップコートを重ねて完成。



ポイントを動画でみる



いかがでしたか?ファッションとリンクさせてもいいし、シンプルコーデにネイルをアクセントとして投入してもステキ。

お気に入りのデザイン缶とおそろいの爪先なら、毎日のハンドケアも楽しくなることうけあい!お好みのポリッシュとデザイン缶を用意して、早速トライしてみてくださいね♪




ban_20170202.jpg



撮影/高橋妙子

著者プロフィール

著者アイコン
末永陽子
CM制作会社のデスク、出版社勤務を経て現在はフリーに。ビューティやファッション、インタビューなど、様々なジャンルで活動中。

関連記事