美髪へアプローチ~正しいヘアドライ~

人気サロン「apish AOYAMA」のトップスタイリスト、小俣つかささんがレクチャーする、正しいヘアケア方法。
今回は、ヘアドライについて詳しく紹介します。髪は濡れているときほどキューティクルが開きやすくなり、栄養が外に出やすい状態。
ダメージを防ぐためにも、スピーディーに乾かすのが重要です!

161222_02.jpg

小俣つかささん

青山にある人気サロン「apish AOYAMA」のトップスタイリスト。2002年の入社以来、業界誌のスタイリング企画を担当するほか、ヘッドスパの立ち上げにも参加。ケアリストとしても活動する一方、得意のメイクを生かして、タレントやモデルのヘア&メイクとしても活躍の幅を広げる。

apish AOYAMA
住所:東京都港区南青山5-12-6青山第2和田ビル2F
電話:03-5766-3605
HP:http://www.apish.co.jp/aoyama/
営業時間:11:00~20:00(火・木)11:00~21:00(水)12:00~21:00(金)
10:00~20:00(土)10:00~19:00(日・祝)
定休日:月曜



まずは知っておきたいヘアドライの基本のき!

濡れたら即乾かすがダメージ回避のコツ!

髪内部の水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激を防ぐために、髪の表面はキューティクルで覆われています。髪が塗れるとキューティクルが開き、ダメージを受けやすい状態に。そのまま長時間放置しておくと、髪同士が絡まったり、枕との摩擦が原因で痛みの原因になることも!

そのため、シャンプー&コンディショナー後は、髪を濡れたままにせず、できるだけ早く乾かすように心がけて!

髪をこすらずソフトに扱って!

濡れた髪同士がこすれると、キューティクルがさらにはがれる原因に。タオルドライのときは髪をこすらず、タオルの間に髪を挟むようにして水分を吸収。余分な水分を先に取っておくことで、ブロー時間の短縮にもつながり、ダメージ回避にも◎。

乾かすときは、髪から最低でも30cmは離しましょう。至近距離で乾かすのを毎日繰り返すと毛先が焼けてしまい、切れ毛、パサつきの元!洗い流さないタイプのトリートメントを使い、熱から髪を守るのもお忘れなく♪



早速実践!髪に優しいヘアドライ

正しいステップを踏めば、ダメージを与えることなく健康的で美しい状態をキープ!ダウンスタイルもおしゃれにキマる、サロン直伝のテクニックをご紹介♪



161229_02.jpg
①シャンプー&トリートメント後の、濡れた頭皮に指を通し、根元にたまった水分を下に移動させます。



161229_03.jpg
②毛先を指でやさしく絞り、下りて来た髪の水気をきりましょう。



161229_04.jpg
③乾いたタオルを頭にかけ、指の腹で根元をマッサージするように余分な水分をふきます。



161229_05.jpg
④毛先もゴシゴシこするのはNG。髪をタオルでサンドして、手の平でポンポンと挟んで水分をオフ。



161229_06.jpg
⑤洗い流さないタイプのトリートメントを毛先中心になじませ、ドライスタート。根元に指を入れながら乾かして。



161229_07.jpg
⑥根元が乾いたら、中間から毛先をブロー。毛束を少しずつ取りながら乾かしましょう。



161229_08.jpg
⑦ある程度乾いたら、髪に冷風を当てましょう。髪がまとまりやすくなり、寝癖がつきにくくなります。温→冷のブローで、翌朝もキレイな髪に。



161229_09.jpg
⑧髪の乾燥が気になる人は、ドライ後にクリームでうるおい補給。指で少量をすくい、手の平で伸ばします。



161229_10.jpg
⑨毛先中心にクリームをなじませれば、パサつきを抑えてまとまり感もアップ。ダウンスタイルもサマになる美シルエットに!



普段何気なく行っているヘアドライ、きちんと手順を踏むことこそが、美髪への第一歩!ダメージレスの、毛先までまとまる髪に仕上がります。

次回は「美髪へアプローチ~スペシャルケア~」をテーマにお届けします。お楽しみに!



撮影/竹下アキコ

著者プロフィール

著者アイコン
末永陽子
CM制作会社のデスク、出版社勤務を経て現在はフリーに。ビューティやファッション、インタビューなど、様々なジャンルで活動中。

関連記事